キャバクラで働くにあたって、まず覚えておいてほしいのが「おもてなし」の心です。 これはもう心得、といってもいいかもしれません。

お客様がキャバクラに来る目的を考える

キャバクラに訪れるお客様には一体どういう方が多いと思いますか?

一番多いのはやはり女性にちやほやされたり、自分を肯定してくれる相手と話す事で、日頃たまったフラストレーションなどを解消したいと考えている男性の方。

あるいは、日常的に足りていない女性的な成分を補給しにきたり、実際にキャバ嬢を1人の女性として口説きたい、そして付き合いたいと考えている男性の方。

もしくは、一つの楽しみ、娯楽として理解している男性の方。この3つのパターンに分類される事が多いと思います。


「おもてなし」の心

中には接客する上で大変難しい方も出てくるでしょうが、基本的には「お客様に楽しんでいただく」仕事であり、「癒されてもらう」仕事でもあると思います。

一流のキャバ嬢になれる方は、やはり相手の心をしっかりと掴む方法を持っているもので、ただ適当に仕事をこなしているだけではそうはなれないものです。

どうすれば相手が喜んでくれるのか、どうすれば相手の信頼を得る事ができるのか、どうすれば相手に必要以上に入りこまれずに、お店での割り切った楽しい関係を維持することができるのか、そういったことをしっかりと考える必要があるのですが、最も大切にしてほしいのは始めに言いました「おもてなし」の心なのです。

これさえ忘れなければ、きっと人気のキャバ嬢に近づけるはずです。