キャバクラで実際に働いてみた女の子で、元々未経験だった子は、たいてい初日の体験を終えたあとに「このお仕事が向いてないのかも」ということが多いようです。

実際、接客業が得意な女の子が体験をしていても、同じようなことはあるものです。

慣れることが一番の近道

このお仕事は確かにサービス業ではありますが、いわゆる一般的な職業とは少し違うんです。

異性の横に座り、ただ気を配るだけのお仕事に見えますが、やはりお酒を飲んだり女の子に会いに来ている男性と接するというのは、よほどのことがなければ慣れることが一番良いんだと思います。

最初からスムーズにストレスなく仕事ができる女の子なんてまず滅多にいません。


少しずつ自分のペースで進めていく

たいていの女の子は最初に苦手意識を持ってしまったりするものです。

なんとなく人見知りを感じてしまう子もいます。 でも最初はあまり気にしなくても大丈夫です。

人見知りがちな女の子でも、しばらく積極的に働いている内に慣れてきた、という子もとても多いので、怖がる事もありません。

キャバクラ独特の接客スタイルや、サービスの内容なども最初から完璧にやろうと思わず、少しずつ自分のペースで進めていけば、なんとなくコツが掴めてくるものです。

慣れるって、本当に大事なことなので、ぜひ覚えておいてくださいね。